Loading

BLOG

Donald Byrd – Fuego

Donald Byrd – Fuego

Recorded
October 4, 1959 Blue Note

 

 

 

1955年のニューヨークのジャズ・シーンに華々しくデビューしたドナルド・バードは、その艶やかなトーンとスリリングなアドリブから “第二のブラウニー” として期待を集めた生粋のトランペッターですね。

本作は1959年に新しくジャッキー・マクリーン (as) 等が加わり編成されたファンキー・ジャズの傑作で、実に溌剌とした演奏を聴かせてくれます。また、全曲バードのオリジナルというのも聴きどころの一つと言えるでしょう。

タイトル曲の「Fuego」も良いが「Lament」「Amen」の熱くブローするバードのトランペットとマクリーンのアルト・サックスが最高にかっこいい。

まさしくファンキー・ジャズの醍醐味を存分に楽しめるアルバムの一枚と言えるでしょう

Personnel
Donald Byrd – trumpet
Jackie McLean – alto saxophone
Duke Pearson – piano
Doug Watkins – bass
Lex Humphries – drums

Track listing
1. Fuego
2. Bup a Loup
3. Funky Mama
4. Low Life
5. Lament
6. Amen

Ornette Coleman – At the “Golden Circle” in Stockholm, Vol. 1 , Vol.2

Jaco Pastorius – Word Of Mouth

関連記事

  1. jazz大好き

    2017.06.20
  2. Jaco Pastorius – Word Of Mouth

    2017.09.14
  3. Gerry Mulligan – Night Lights

    2017.09.24
  4. Wes Montgomery – Full House

    2017.07.02
  5. Herbie Hancock – Maiden Voyage

    2017.07.04
  6. Cannonball Adderley – Somethin’Else

    2017.09.07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP