Loading

BLOG

Ornette Coleman – At the “Golden Circle” in Stockholm, Vol. 1 , Vol.2

Ornette Coleman – At the “Golden Circle” in Stockholm, Vol. 1

Ornette Coleman – At the “Golden Circle” in Stockholm, Vol. 2

Recorded
December 1965 Blue Note

 

 

フリー・ジャズの先駆者として知られるオーネット・コールマンのライヴ作ですね。

2年間の沈黙を破って65年に活動の場を欧州に移したオーネットのトリオは、ストックホルムの”ゴールデン・サークル”に出演し録音を残しました。

このライブ盤こそ、インプロバイザーとしての才能の高さを知らしめたオーネットの最高傑作と称されています。ともすれば難解という言葉が付きまとうオーネットの音楽ですが、デビッド・アイゼンソン、チャールズ・モフェットとのトリオによる本作での、豊かな感情表現と生き生きしたプレイはすばらしいと思います。
また、活動休止中にマスターしたとされている、トランペットとバイオリンはVol.2で聴くことができます。

 

Personnel
Ornette Coleman — alto saxophone, violin, trumpet
David Izenzon — double bass
Charles Moffett — drums

Track listing
Volume 1
1. Faces and Places
2. European Echoes
3. Dee Dee
4. Dawn
5. Faces and Places (Alternate take)
6. European Echoes (Alternate take)
7. Doughnuts

 

 

 

 

 

 

 

Volume 2
1. Snowflakes and Sunshine
2. Morning Song
3. The Riddle
4. Antiques
5. Morning Song (Alternate take)
6. The Riddle (Alternate take)
7. Antiques (Alternate take)

Cannonball Adderley – Somethin’Else

Donald Byrd – Fuego

関連記事

  1. Herbie Hancock – Maiden Voyage

    2017.07.04
  2. Gerry Mulligan – Night Lights

    2017.09.24
  3. jazz大好き

    2017.06.20
  4. Thelonious Monk – Brilliant Corners

    2017.07.18
  5. Fats Navarro – Nostalgia

    2017.06.21
  6. Wes Montgomery – Full House

    2017.07.02

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP