Loading

BLOG

Miles Davis – Bags Groove

Miles Davis – Bags Groove

Recorded
June 29 & December 24, 1954 Prestige

 

 

 

1954年12月24日の史上名高い「クリスマス・セッション」からタイトル曲「Bags’ Groove – バグス・グルーヴ」を収録したアルバムですね。残りのセッションは「マイルス・ディビス&ザ・モダン・ジャイアンツ」に収録されています。

一触即発のケンカ・セッションと呼ばれることが多い様ですが、音楽上の理由でマイルスがモンクに対して自分がソロをとっている時はピアノを弾かないように指示しただけで、実際にはケンカはなかったそうです。

それでもマイルスとモンクという二人の強烈な個性のぶつかり合う様は、メンバー全員に否応なく緊迫感が増したことはたしかでしょう。後半は「Airegin」「Oleo」「Doxy」など、ロリンズの名オリジナル曲を聴くことができます。

Personnel
1. Miles Davis – trumpet
2. Sonny Rollins – tenor saxophone
3. Horace Silver (tracks: 3 to 7), Thelonious Monk (tracks: 1, 2) – piano
4. Percy Heath – bass
5. Kenny Clarke – drums

Track listing
1. Bags’ Groove (Take 1)
2. Bags’ Groove (Take 2)
3. Airegin
4. Oleo
5. But Not For Me (Take 2)
6. Doxy
7. But Not For Me (Take 1)

Herbie Hancock – Maiden Voyage

Thelonious Monk – Brilliant Corners

関連記事

  1. Wes Montgomery – Full House

    2017.07.02
  2. Barney Kessel – The Poll Winners

    2017.07.25
  3. Albert Ayler – My Name Is Albert Ayler

    2017.06.27
  4. Gerry Mulligan – Night Lights

    2017.09.24
  5. Thelonious Monk – Brilliant Corners

    2017.07.18
  6. Donald Byrd – Fuego

    2017.09.14

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP