Loading

BLOG

Herbie Hancock – Maiden Voyage

Herbie Hancock – Maiden Voyage

Recorded
March 17, 1965 Blue Note

 

 

 

マイルス・クインテットに在籍していたハービー・ハンコックがフレディー・ハバード(tp)、ジョージ・コールマン(ts)、ロン・カーター(b)、アンソニー・ウィリアムス(ds)によるクインテットが名門ブルーノートに残した1965年の傑作アルバム。

「海」をテーマにした全5曲オリジナルの意欲作で、親しみのある美しいメロディーは幾度となく聴いても新鮮さを感じます。タイトル曲の「Maiden Voyage – 処女航海」は、まさしくメンバーの新しき船出を象徴しているようですね。

ハービーはピアニスト兼作編曲家として、またグループのリーダーとして実力を発揮し”新主流派 = 新らしいジャズのスタイル(モード・ジャズ)”を代表するプレーヤーの1人と言えるでしょう。また、若手ジャズ・メンを中心にこの”新主流派”と呼ばれるプレイヤーたちが、65年前後に多くの傑出した作品を残していきます。

Personnel
Herbie Hancock – piano
Freddie Hubbard – trumpet
George Coleman – tenor saxophone
Ron Carter – bass
Tony Williams – drums

Track listing
1. Maiden Voyage
2. The Eye of the Hurricane
3. Little One
4. Survival of the Fittest
5. Dolphin Dance

Wes Montgomery – Full House

Miles Davis – Bags Groove

関連記事

  1. Miles Davis – Bags Groove

    2017.07.06
  2. jazz大好き

    2017.06.20
  3. Wes Montgomery – Full House

    2017.07.02
  4. Jaco Pastorius – Word Of Mouth

    2017.09.14
  5. Albert Ayler – My Name Is Albert Ayler

    2017.06.27
  6. Fats Navarro – Nostalgia

    2017.06.21

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP